過去 の 栄光

 

過去 の 栄光

KYOTO  M トレーナー

 

過去 に 栄光 が ある ことは 素晴らしい こと です。

あの とき は こう だった とか ・・・

自慢 を よく  聞 きます。

 

確かに ストレス の 多い 世の中 なので

強い不満 や 劣等感 を  抱え 込む

 

意欲が なくなり 成果 や 実績 を 残せない 時期 も ある

 

外社会 から 指導者 から 上司 から  認められない

 

劣等感 は 屈折 した もの と なり  深刻化 する ・・・

 

希望 ある 未来 が ない ・・・

 

心 満たされる 今 は ない    あるのは 過去 に なり やすい。

 

現状 に 満足 しない  自分 を ごまかす ため に

過去 の 栄光 に  しがみつく   ・・・

 

この前 の 試合 は     去年 は

昔 は 良かった と  語る  若老人 や 選手 には  なりたく ない。

 

本当 に  過去 の ほうが 良かった と  して も

そこに  しがみついて も  何 も 始まらない。

 

 

過去 の 栄光 を 捨てる こと で

開ける 道 が ある と  信 じたい。

 

自分の中 の 過去の栄光 や 自己満足 を 捨てて ・・・

 

自分 が やりたい ことは  なに か

夢 や 希望

目指 している こと は  なに か

 

非力 な 自分を 見つめ 絶望感 の あまり 泣き 崩れる こと

情けなく 悔しく  怒り を もって 自分 を 見つめる ・・・

時に は 必要 だ と 思います。

 

目の 前 の 現実 に 向き合う 事 が 大切 です。

 

いま ここ 自分  今 に  生 きて いる  ・・・

 

新しい 出逢い や 取り巻く 変化 に 対応 して いきたい。