データ と 戦術

KYOTO  M トレーナー

 

スカウティング ( 戦略と戦術 情報戦略活動 客観的な数値化 ビジュアル化 )

収集 → 分析 ( 現状の把握 課題の設定 原因の把握 戦術の立案 ) → 伝達

 

正確な収集 とは 入力時間 正確性 と スピード

何度も 繰り返し確認する姿勢  探求心  忍耐力  

特に  分析力 ( バレーボール を よく 理解 している )

 

WHO  誰が WHAT  何を どんなプレー WHERE   どこから → どこへ

WHEN   いつ 何点で    WHY   チームの特徴  説得力 オリジナリティ

HOW much どのくらいの 回数   HOW often  頻度   HOW speed  速さ

 

必要な情報を収集する

 

 

自チームの分析 → 長所 短所 強み 弱み

相手チームの分析 →  効果率 ( ラリーポイントでは 必要 )

攻撃 パターン レセプション ポジション

ブロック パターン    ディグ ポジション

 

 

ビデオ撮影の 映像  身長  ジャンプ力

ポジション キャリア    ケガの有無  対戦結果

データの基になる 情報 ( インフォメーション )

収集 分析 調べ上げて

加工した 情報 ( インテリジェンス )

 

データ 情報 は 絶対 確実 は ない ・・・

生きもの で あり  生もの ( 臨機応変  柔軟な対応が 必要 )

 

伝達

プレゼンテーション能力 結果に表れ → 評価される

データから読み取る 事実 を 焦点をしぼり わかりやすく