ダイエット トレーニング

     ダイエット  トレーニング

Mトレーナー

体重計でのチェックだけでなく、鏡の前で身体を・・・

この部分をもう少しやせないと・・・ 身体の動きが・・・

体質や身体の状態によって、個人差はあります。

短期間でダイエットすることは、リスクが多い・・・

計画的に・・・

ウォーキング・半身浴・コアトレーニング・栄養指導 ができれば可能です。

デトックス効果のために、全身治療も必要です。

目標が明確であり、やる気が続けば・・・

地道な努力を積み重ね・・・ ダイエットは成功します。

・・

運動の際に気になるものといえば ウエストの細さ・・・

腹筋運動ではなく スクワット すること 一番効果がある・・・・ ・

普通、体脂肪は 全身同時にまんべんなく減ります。

逆に増えるときも 全身で増えます。

動かしている部位の脂肪だけが落ちるかどうか (部分やせ)

は専門家でも 意見が分かれるところです・・・

やせる筋のトレーニング

単純な繰り返しをする 腹筋運動では・・・

時間がかかり、自己満足 で終わってしまいます・・・

やった、疲れた・・・

腹の脂肪だけを目立って落とすのは 無理です。

腹筋運動で鍛えられる 腹直筋などのお腹周辺の筋肉群は

決して大きくて筋量の多い筋肉ではありません。

腹筋自体は小さな筋肉なので、がんばって鍛えて3割増にしても・・・

全身の筋肉総量に比べたら微増です。

・・

何度使っても消費カロリーへの影響は少なく、基礎代謝はほとんど増えません。

腹筋運動は効果が少ない ・・・ ほんと意外です。

ウォーミングアップにはいいですが・・・

・・

筋トレするなら、筋量の多い筋肉群を鍛えるトレーニングこそが

「 直接のエネルギー消費 」 にも

「 筋肉量を増やして代謝を増す 」 にもふさわしいと言えます。

では、基礎代謝を増やしてやせるために

効果的な筋トレーニングは何でしょうか?

身体にはもっと大きな筋肉群があります。

それは、下半身、特に臀部から太ももにかけての筋肉群です。

体重を支えてしゃがむ動作+立ち上がる動作を繰り返す と・・・

大臀筋、大腿四頭筋、ハムストリングスといった

アウターの筋肉をはじめ

下半身すべての大小の筋肉群が総動員されます。

当然、消費エネルギーも大きいです。

下半身の筋肉群を鍛えて 3割増できれば、基礎代謝にも大きく影響します。

同じ筋肉量を増やすためにスクワットなら15回ですむのに

腹筋なんと500回 続けてトレーニングすると疲れます・・・

「 腹筋500回=スクワット15回 」

やせる筋トレーニング には スクワット こそがふさわしい・・・

これは意外に感じられるかもしれません。